テストです。
更新できなくなっていますよ。
diary - -
同級生と久々の再会
小中の同級生とは
ものすごく久しぶりにあっても
久しぶりの感じが全くしない。

diary - -
こどもがこどものしごとを始める頃
わたしは結構長くこのアパートの1階にいます。 これまで2階にはもれなく新婚のご夫婦。 現在4組目。 こどもが歩けるようになって、 走れるようになって、 それが落ち着いた頃、 みんな引っ越しちゃうんだよね。 お別れって、やっぱりさみしいね。
diary - -
布団カバーを
いつもは掛け布団にぐるんとくるまってないと
寒くてしょうがないんだけど
ベッドのサイズぴったりの掛け布団は
そんな必要なしだと知ったある日の夜。

失敗はやっぱり
たくさんするべきだと
実感する毎日です。
diary - -
今はどこにも落ちてないんだって
スチールラックの寸法を確認したかったのに
肝心のメジャーを忘れました。
となりでじゃっじゃって使ってた人に
貸してもらおうと声を掛けましたよ。

diary - -
まだまだ知らないことばたち
三寒四温、いいことばだな。
diary - -
まだまだ知らないことばたち
三寒四温、いいことばだな。
diary - -
踊ってはねてるるかっちは
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その3、るかは中学3年生。
我が地域に残る数少ないセーラー服が制服の
中学校へ40分くらい歩いて通っている。
たまにこっそりバスにも乗っちゃうけどね。
幼い頃から続けてきたチアリーディングも
あと1年で引退するんだって。
すごくさみしいけど
本人は固い決意なのです。
きっと、新しい何かがはじまるんだね。

家族の中で一番やさしくて
どの人の立場もよく理解できているから
その分色々とたいへんだけど
いつも冷静で、そしていつも笑っています。
彼女がわたしの身長を超える日も
そんなに遠くない気がするよ。


diary - -
りこにもこされちゃった
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その2、りこは高校2年生になる。
小学校中学校と続けてきたバレーを
高校でも続行中!かわらず
毎日遅くまでアターック!
身長はぐんぐん伸びて
わたしをこえてしまいました。
実はまだ一度も彼女の
バレーをする姿を見たことがない。
兄曰く、「かなりいけてる」そうである。

そして、りこと言えば肉である。
肉肉。肉である。
ほとんど野菜は食べません。
自分もなすのおいしさを知ったのは
かなり年齢を重ねてからだったしね。
わかるよ。わかるよ。
いつか彼女が野菜のおいしさに目覚める時が
ほんとうに楽しみだな。

目覚めない可能性もありますが・・・・

diary - -
けんたんは大学生
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その1、けんたんは
いよいよ大学生です。きゃー、である。
もうすっかり見た目は大人のようですが
とっても生意気で、まだまだこどもです。

もう自分で何でも出来ると思っているけれど
実際はそうではないこともなんとなく感じている。
両親に感謝の気持ちはたくさんあるけれど
素直に言えないお年頃。
それに、自分らしくありがとうを
伝える言葉にはまだ出会っていない。

あの頃わからなかった
大人が言っていた言葉の意味も
少しは理解出来るようになって
いざとなったら色々と頼りになる、
いいお兄ちゃんになってきたよ。

diary - -
| 1/98 | >>