「道〜白磁の人〜」
第7回大阪アジアン映画祭のオープニング作品。オープニングにふさわしすぎる作品。6月の全国ロードショーを前にアジアン映画祭で観ることが出来るよ。在日の人たちの中には何十年も日本で過ごしていてもまだ日本語を把握しきれていない人や祖国でも事情があって勉強することがゆるされず母国語も曖昧な人も周りに多い。滑舌のいい俳優たちの発音のおかげで非常に内容がわかりやすいのもよい。言葉がわからないからという理由で映画を見に行かない人と一緒に行くつもり。朝鮮と日本の間にこんな真実があったんだな。2つの国の争っている場面を見ているととても複雑な気持ちになるわけだがその行動が良いか悪いかは国は関係ない気がする。色々と根深いんだよ。ほんとうに根の深い問題だ。詳しい内容は公式サイト「道〜白磁の人〜」で。
cinema - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.tacacom.net/trackback/137
<< NEW | TOP | OLD>>