誰かの夢が誰かの絶望だったりする
夢を見るのは自由だ。
わたしは大丈夫。
夢を語る人も
絶望した人も
理解できるから。
少しは悲しいけれど。
これも自分の一部。
diary - -
<< NEW | TOP | OLD>>