20120801
あっという間だったけどいろいろあったよ。確か兄には会ったことないね。でもいーろいろあったけど多分こんなもんだなって思うようにはしてる。納得出来ても出来なくても時間はきちんと過ぎていくんだ。きちんとした理由も本当の原因も何もわからないけど自分の思っている常識はそうじゃないと理解する努力もしてる。みんないろんな気持ちを抱いて振り返らず前だけむいてどんどん行くよ。でもみーんなみーんな忘れられないこともたくさんあって今でも泣きたくなるし勝手に涙も出るけど放置泣がんがん出。わたしなんかもう感情をコントロールできるほどそんなに人間出来てないしな。ただ苦しいからとか特別楽しいこともないからとかつまらないからとか病気だからとか誰かに迷惑かけるからとかだからって死んだりしないよ。そんなのは当たり前なんだから生きていれば。たとえ死んだってみんなに会える保証もないしね。だからまだ行くよ前に。生きてるみたいだしわたしー。言葉はいらないというよりわたしの知っている言葉の中に表現できる文字列が思いつかない。でも年を取ると自分なりの理解を得る方法取得してることだけが救いだし、もしかしたら自分にぴたりと来る言葉に出会えるかもしれないいつか。それだけ生きてきたし少なからずいろんな経験もしてきた納得できないこともそれも当然と思えばいい。それはあきらめじゃなくてごく当たり前のこと。まだまだえーーーーーーって、押しつぶされるくらい衝撃的な喜びなのか苦しみなのかは知らんけどあるんだと思う。生きてるから。絵を描くのがつらい時がある。感情をまともに見なければならなくて本当につらい時がある。見ないで描くことは出来ない。不器用だ。たぶん一生不器用だ。
diary - -
<< NEW | TOP | OLD>>